妊娠期の貧血予防

妊娠期の貧血の原因と予防するには?

今まで貧血になったことがなかったのに、妊娠期には貧血に悩まされるという人が多くいます。
その貧血の大半は、鉄分の不足により引き起こされる「鉄欠乏性貧血」です。

 

鉄欠乏性貧血の原因は3つあります。

 

 

 

 

 

まず一つ目は、妊娠初期につわりにより食事が満足にとれないためです。
そのため、もしあなたが普段から貧血になりやすいのであれば、サプリなどで鉄分を補い、貧血の予防に努めて下さい。
普段より症状の進行が早く、重篤な状態になる可能性があります。

 

原因二つ目は、母体の血液量が増加するためです。
赤ちゃんを守るための羊水や、育てるためのエネルギーを子宮に送ったりと、赤ちゃんが大きくなるに従って血液量も増えて行きます。
ここで問題なのが、赤血球量です。
妊娠すると血液中の水分量は増加するのですが、赤血球量はあまり変わらないのです。
そうすると、血液が薄まってしまって、酸素を体内の隅々まで巡らせることができなくなります。
酸素欠乏により、母体が貧血になってしまうのです。

 

理由三つ目は、赤ちゃんに優先的に栄養が送られるためです。
鉄分は、赤ちゃんに酸素を送るだけでなく、骨の形成に関わっています。
そのため赤ちゃんが大きくなればなるほど、鉄分の必要量は増え、母体は貧血状態になりやすくなります。

 

貧血を予防するためには、やはり必要量の鉄分を摂取することが何より重要です。
食事から鉄分を取り入れる場合は、動物性鉄分を摂取する際、ビタミンAの過剰摂取にならないように気をつけましょう。
また血液量を増やすには、鉄分以外にも様々な栄養素が必要になってきます。
食材が偏ることなく、様々な種類の栄養をバランスよく摂るようにしましょう。

 

妊娠期の貧血はとても大変でした。そんな時に心配し、癒してくれたのがうちのトイプードルでした。
うちの子は無添加ドッグフードのモグワンドッグフードを与えているのですが、このフードがとても気に入っています。